住宅ローンの借り換えはメリットがある人が多い!

住宅ローンといえば、これまでは一度借りた銀行へ完済まで支払い続けるものでした。
しかし、今は金利を少しでも安い銀行へ、住宅ローンも借り換えることができる時代になりました。
住宅ローンといえば、金利に【変動金利】と【固定金利】がありますね。
住宅ローン契約当時はしっかり比較して決定したと思いますが、変動金利は毎年変わってしまいますし、固定金利も金利がそもそも高いので、支払っていくうちに負担が大きくなったという人にもオススメです。
銀行も大々的に住宅ローンの借り換えをアピールしており、少しでも今の住宅ローンよりも安くなるのであれば、http://www.mortgage-pro.info/にもあるとおり、住宅ローンは借り換えてしまったほうがお得ですよ。
では、住宅ローンを借り換えて本当にメリットがあるかどうか、調べるにはどうすればいいのでしょうか?
簡単な計算式としては、
【借り換えメリット】=【住宅ローン残高】×【金利差】×【住宅ローン残り期間】÷2
で求めることができます。
現在の住宅ローンよりも50万円ほどお得になるのであれば、メリットが十分あると言えるでしょう。
ちなみに50万円以下と計算された場合は、住宅ローンの借り換えは行わない方がいいでしょう。
実は住宅ローンの借り換えを行うと、もろもろの手続きをもう一度行わなくてはいけなくなってしまいます。
登記などももう一度行いますので、手数料がそれなりに必要だということを考えると、50万円以下のメリットであれば借り換えは行わない方がいいでしょう。
ちなみに住宅ローンを借り換えるということは、金利も変更することができるということです。
固定金利の人は変動金利に、変動金利の人は固定金利に変更できるメリットがありますが、今オススメなのは固定金利から固定金利への移動だと言われています。
変動金利の場合、固定金利よりも安い金利で設定されていることが多いのですが、毎年金利が変動する分、年間の支払金額が分からないというデメリットがあります。
固定金利はずっと同じ金利で住宅ローンを支払うことができるので、計画を立てやすいというメリットはありますが、金利が高いので利用を躊躇する人も少なくありませんでした。
しかし、住宅ローンの固定金利が下げられつつあり、固定金利がとても利用しやすくなりました。
また、疾病保障が無料であったり、繰り上げ返済が無料でできるなど、借り換えるメリットを用意した銀行が非常に多いので、住宅ローンの借り換えは全体的に見て、メリットがないという人は少ないのではないでしょうか?

More

住宅ローンが残っていた場合の離婚時における財産分与

住宅ローンは長期的な返済が必要となるため、何らかの理由により離婚が決まった場合には財産分与に含まれることもあります。
まず、財産分与とは婚姻生活で夫婦が築き上げてきた財産を、個人の財産に分配する方法となります。
対象となるのは土地や建物、自動車などの財産と呼ばれるものであれば全てで、借金も同様に含まれることから住宅ローン残債も入ります。
対象外となるのは婚姻前に貯めてきた貯蓄、その他の財産で、例えば旦那が婚姻前に住宅ローンを組んでいれば、財産分与からは外されることになります。
ただし、結婚することを期に住宅を購入するためにローンを組んだという場合は対象となるので注意しましょう。
財産分与は基本的に半分に折半するものですが、法的に割合が決められているわけではないので、家庭の状況などを鑑みて夫婦で話し合って決めるのが一般的です。
家庭内の力関係に依存するため、一般的には共働きであれば折半、専業主婦であれば3~4割程度と言われています。
実際に財産分与で綺麗に分けるというのは難しいため、住宅ローンの負債を名義人のままにしておき、その他の財産も同様に渡すことで手打ちにするというやり方もあります。
ただし、連帯保証人になっていると様々な制約がついてしまうため、物件の売却を行って完済してしまうなど、状況に応じて様々な方法を考えなくてはいけません。

More

永住権なしの外国人は住宅ローンを利用できない

永住権なしの外国人でも住宅ローンは利用できるのでしょうか?確率の問題で言えば、かなり低いということになります。
住宅ローンは多大な金額を長期間にわたって貸していくので、当然確実に返済が可能だと思われる人じゃないと利用が難しいです。
そして、外国人の場合には永住権なしでは、日本に自分の都合でずっと滞在することができません。
日本にくるにはビザが必要で、日本人と同様に日本では暮らせないので、その点が1つ問題になります。
住宅ローンを利用してお金を貸しても、何年か後には日本にいられなくなるかもしれないとなれば、返済自体も難しくなります。
日本で家を買うとしても、日本にずっと住めるわけではない可能性もあるので、居住地が安定しませんから、仕事も安定しない可能性もあり、収入も安定しない可能性もあります。
さらには連絡などもつきづらくなる可能性があるなど、理由はいろいろあるということです。
消費者金融などの短期融資であれば、永住権なしの外国人でもお金を借りられる可能性は結構ありますが、金額や期間が大きめの住宅ローンの場合には、どうしても永住権なしの外国人の利用は厳しくなってしまうのです。
永住権を持つことで外国人も日本人同様の扱いを受けますから、ここがやはり大切になります。

More

住宅ローンにおける在籍確認の意味

住宅ローンの審査を行う上で大切な事に在籍確認があります。
勤務先への在籍確認と自宅への在籍確認があります。
住宅ローンを含む金融商品を取り扱っている会社にとって一番大切な事は支払い締約日にきちんと支払ってもらえるかどうかです。
勤務先に電話で在籍確認をする事で安定した収入があるかどうかを確認しています。
本人が電話に出ない場合でも在籍している事が確認できれば良いとされています。
万が一確認できない場合には安定した収入がない可能性が高いのと、勤務先の変更も電話すらきちんと出来ないだらしのない人と判断される場合もあります。
勤務先だけでなく自宅の固定電話や携帯電話に連絡が入る場合もあります。
金融会社から緊急事態があり、連絡すべき事案が発生した場合に連絡が取れるかどうか試しています。
本人が出れば一番良いのは間違いないですが、家族が電話に出た場合で本人の不在が確認できれば良いとされています。
金融会社の担当者は不在の場合には留守番にメッセージを残す場合が多く、折り返しの電話でも良いとされています。この場合も住宅ローン会社からの電話連絡に出ない場合には、金融会社からの電話になかなか出てくれない人との印象を与えてしまいます。

More

住宅ローンを借りる時に必要な費用と登記費用

家を購入するにあたり、土地や家そのもの以外に必要となる費用があります。
建設業者からの見積書には、記載されない場合もあります。
ローンを借りる際にかかる諸経費について把握する必要があります。
実際にかかる住宅ローン以外の費用は、印紙代や火災保険料などが挙げられます。
また、事務手数料は受付時や審査時に金融機関に支払います。
事務手数料は都市銀行やネット銀行など、金融機関の種類によって変わってきます。
さらに融資が実行される際には、登記費用が発生します。
登記費用が必要な理由は、金融機関が土地と建物に抵当権を設定するためです。
住宅ローンを利用する場合、購入する住宅を担保にして融資を受けることになります。
担保にする権利を抵当権といい、これは登記をすることで第三者に対抗する権利と証明ができます。
登記とは、財産である土地や建物の面積や所有者の詳細を公的な帳簿に記載することをいいます。
不動産の権利について分かるようにする目的と、取引の円滑化の役割があります。
このような理由から、抵当権設定の登記にあたる登記費用が必要です。
金融機関が担っていますが、実際は金融機関が手配する司法書士によって行われているのが一般的です。
住宅ローンを借りる場合にはこういった登記費用などの手数料が発生することも想定し、予算を組むのが良いです。

More

札幌市は魅力的な地域です

札幌市は有名な飲食店が数多くあるので、食事を楽しむ事が可能です。
さらに、スーパーやコンビニなども豊富にあり、買い物を楽しむ事ができます。
生活をする際に札幌市はオススメの地域となっています。
札幌市で暮らす時には、中古マンションを買うのがオススメです。
格安の物件が多い事も魅力の一つなので、多くの方が購入しております。
中古マンションを購入して古くなったのであれば、売却をする必要があります。
マンション売却をする際には、不動産業者に査定を依頼します。
査定額に納得をしたら売却をするのが一般的な流れです。
マンション売却をする前には、室内の掃除をするのが常識となっています。
部屋が汚れているマンションは、買取価格が安値となる事が多いので注意しましょう。
マンション売却に関する知識を身に付けておく事が、より高く売る為の秘訣です。
好条件で買い取ってくれる業者を見つけたら、売却をします。
もしも、買った時の値段よりも高く売れたら、税金を支払う必要があります。
こういった注意点もあるので理解しておきましょう。
マンションを売って住まいを手放したら、新しい物件を買う事になります。
家族が快適に暮らせる物件を選ぶのが理想的です。

More

住宅ローンからライフプランを考える

住宅ローンは場合によっては30年以上の長期にわたって返済することがあります。
無理のない返済を続けるためにはライフプランを考慮した返済計画をたてる必要があります。
住宅ローンには変動金利型と固定金利型があります。
変動金利型の金利は固定金利型よりも低めなのですが、金利が上昇した時に返済額が予想以上に大きくなるおそれがあります。
長期にわたって返済をする人は避けたほうが良いかもしれません。
逆に短期で返済する予定の人や繰り上げ返済を希望する人は、変動金利型を選択することで出費を抑えることが可能となります。
固定金利型は金利はやや高くなりますが、金利が変わらないので生活が安定します。
ライフプランに大幅な変更が生じないので日々落ち着いて暮らすことができます。
長期間にわたって返済を続ける場合は固定金利型のほうが無難かもしれません。
このほか、住宅ローンの返済を続けている間にライフプランでは想定外のことがおきる場合があります。
例えば、病気で会社を退職せざるを得なくなったとか、急に病気で亡くなったとかいったような場合です。
このような場合は団体信用生命保険にあらかじめ加入しているので、ローン残額相当の保険金が出ます。

More

住宅ローンを利用する時金利以外に事務手数料も重要なポイント

住宅ローンを利用する場合、金利とは別に様々な諸費用が発生します。
その中の一つに事務手数料があります。
事務手数料とは住宅ローンの手続きを行う為にかかる費用の事を言います。
このお金は金融機関によって金額が大きく変わる為、事前に確認する必要があります。
事務手数料には契約時に数万円程度の決まった金額を払う場合と、融資額に応じて数パーセント程度払う場合の二パターンがあります。
その為後者の場合ですと借入金額が大きくなればなるほど金額も上がる為、中には手数料だけで数十万円もの大金を支払わなければいけないなどといったケースも存在します。
その一方で手数料無料の金融会社もあります。
ですので金利だけを見て借り入れを行う金融会社を決めてしまうと、事務手数料が思いの他高く最終的に損をしてしまうことも珍しくあります。
そうならない為にも、金利の他に事務手数料などの諸費用も含めた金額を算出し、どこが一番総支払額が少なくなるのかを見極めるようにしましょう。
住宅ローンを組む場合はどうしても金利に目が行きがちになりますが、その他の諸費用もローン会社を選ぶための重要なポイントになるという事を頭に入れ、金融機関を選ぶことをお勧めします。

More

住宅ローンの手続きを行う為の情報です

若い世代を中心に人気を高めている不動産は、中古住宅となっています。
比較的リーズナブルな価格で売っているので、収入が少なくても買い求める事ができます。
中古住宅を買う時は、立地条件や築年数を確認しなければならないです。
築年数が新しければ、柱などの劣化が少ないので安心して暮らせます。
好条件の中古住宅を見つけ次第、住宅ローンの手続きを行って買います。
手続きをする時には、身分証明書や所得証明書が必要になるので、予め準備を整えておきましょう。
これが、住宅ローンの手続きを円滑に進める為のポイントです。
住宅ローンの借り入れ期間は支払った頭金によって違います。
頭金の支払った金額が少額だと借り入れ期間が長くなります。
借り入れ期間が長い方は、時間をかけて返済計画を作成する必要があります。
これが、無理をせずに借金を完済する為のコツです。
手続きをする時に疑問に感じる事があったら、担当者に質問をしましょう。
親身になって相談に乗ってくれる担当者が大半を占めており、初めて住宅ローンを組む方であっても安心です。
住まいを買ったら固定資産税の負担があります。
色々な出費に備えてお金を貯めておく事が大切であり、そうすれば想定外の出費が生じても安心です。

More

住宅ローンの審査にかかる期間

住宅ローンの審査にかかる期間は、金融機関によって異なりますが、平均すると一ヶ月程度の期間がかかるようです。住宅ローンは、不動産会社の営業マンからおすすめされた金融機関で決めているという人も多いようですが、事前審査には複数申し込みが可能ですので、複数の金融機関に申し込みをして、審査結果が出てから比較してみるのもよいでしょう。
もしも審査に落ちた場合、1ヶ月程度のタイムロスが生じます。
その間に欲しい物件がなくなっていたり、引越しのタイミングを逃してしまうということもあります。
タイムロスをなくすためには、複数の住宅ローンの事前審査に申し込みをしておくという方法が有効です。
しかし、申し込みの記録も個人信用情報に残ってしまうので、一度にたくさんの金融機関に申し込みをすることはひかえたほうがよいでしょう。
一括申し込みを利用すれば、同時に複数の金融機関にデメリットなしで申し込みをすることができます。
住宅ローンは最大で35年という長い期間借入するものなので、わずかな金利の差でも総返済額に大きな差が出てきます。
一度契約をしてしまうと、借り換えには大きな諸費用がかかりますし、手間もかかります。
十分に比較をして、自分に一番合ったローンを見つけることが重要です。

More