住宅ローンを利用する場合、金利とは別に様々な諸費用が発生します。
その中の一つに事務手数料があります。
事務手数料とは住宅ローンの手続きを行う為にかかる費用の事を言います。
このお金は金融機関によって金額が大きく変わる為、事前に確認する必要があります。
事務手数料には契約時に数万円程度の決まった金額を払う場合と、融資額に応じて数パーセント程度払う場合の二パターンがあります。
その為後者の場合ですと借入金額が大きくなればなるほど金額も上がる為、中には手数料だけで数十万円もの大金を支払わなければいけないなどといったケースも存在します。
その一方で手数料無料の金融会社もあります。
ですので金利だけを見て借り入れを行う金融会社を決めてしまうと、事務手数料が思いの他高く最終的に損をしてしまうことも珍しくあります。
そうならない為にも、金利の他に事務手数料などの諸費用も含めた金額を算出し、どこが一番総支払額が少なくなるのかを見極めるようにしましょう。
住宅ローンを組む場合はどうしても金利に目が行きがちになりますが、その他の諸費用もローン会社を選ぶための重要なポイントになるという事を頭に入れ、金融機関を選ぶことをお勧めします。