住宅ローンは場合によっては30年以上の長期にわたって返済することがあります。
無理のない返済を続けるためにはライフプランを考慮した返済計画をたてる必要があります。
住宅ローンには変動金利型と固定金利型があります。
変動金利型の金利は固定金利型よりも低めなのですが、金利が上昇した時に返済額が予想以上に大きくなるおそれがあります。
長期にわたって返済をする人は避けたほうが良いかもしれません。
逆に短期で返済する予定の人や繰り上げ返済を希望する人は、変動金利型を選択することで出費を抑えることが可能となります。
固定金利型は金利はやや高くなりますが、金利が変わらないので生活が安定します。
ライフプランに大幅な変更が生じないので日々落ち着いて暮らすことができます。
長期間にわたって返済を続ける場合は固定金利型のほうが無難かもしれません。
このほか、住宅ローンの返済を続けている間にライフプランでは想定外のことがおきる場合があります。
例えば、病気で会社を退職せざるを得なくなったとか、急に病気で亡くなったとかいったような場合です。
このような場合は団体信用生命保険にあらかじめ加入しているので、ローン残額相当の保険金が出ます。