家を購入するにあたり、土地や家そのもの以外に必要となる費用があります。
建設業者からの見積書には、記載されない場合もあります。
ローンを借りる際にかかる諸経費について把握する必要があります。
実際にかかる住宅ローン以外の費用は、印紙代や火災保険料などが挙げられます。
また、事務手数料は受付時や審査時に金融機関に支払います。
事務手数料は都市銀行やネット銀行など、金融機関の種類によって変わってきます。
さらに融資が実行される際には、登記費用が発生します。
登記費用が必要な理由は、金融機関が土地と建物に抵当権を設定するためです。
住宅ローンを利用する場合、購入する住宅を担保にして融資を受けることになります。
担保にする権利を抵当権といい、これは登記をすることで第三者に対抗する権利と証明ができます。
登記とは、財産である土地や建物の面積や所有者の詳細を公的な帳簿に記載することをいいます。
不動産の権利について分かるようにする目的と、取引の円滑化の役割があります。
このような理由から、抵当権設定の登記にあたる登記費用が必要です。
金融機関が担っていますが、実際は金融機関が手配する司法書士によって行われているのが一般的です。
住宅ローンを借りる場合にはこういった登記費用などの手数料が発生することも想定し、予算を組むのが良いです。