住宅ローンの審査を行う上で大切な事に在籍確認があります。
勤務先への在籍確認と自宅への在籍確認があります。
住宅ローンを含む金融商品を取り扱っている会社にとって一番大切な事は支払い締約日にきちんと支払ってもらえるかどうかです。
勤務先に電話で在籍確認をする事で安定した収入があるかどうかを確認しています。
本人が電話に出ない場合でも在籍している事が確認できれば良いとされています。
万が一確認できない場合には安定した収入がない可能性が高いのと、勤務先の変更も電話すらきちんと出来ないだらしのない人と判断される場合もあります。
勤務先だけでなく自宅の固定電話や携帯電話に連絡が入る場合もあります。
金融会社から緊急事態があり、連絡すべき事案が発生した場合に連絡が取れるかどうか試しています。
本人が出れば一番良いのは間違いないですが、家族が電話に出た場合で本人の不在が確認できれば良いとされています。
金融会社の担当者は不在の場合には留守番にメッセージを残す場合が多く、折り返しの電話でも良いとされています。この場合も住宅ローン会社からの電話連絡に出ない場合には、金融会社からの電話になかなか出てくれない人との印象を与えてしまいます。